小児歯科

当院の小児歯科は3つの大きな柱で行っております。
①予防
②治療
③咬合誘導

予防

小児歯科のコンセプトはむし歯にならないようにすることです。当院では3つ行っております。

ブラッシング指導

当院にはブラッシングコーナーがあります。ブラッシング指導で一番大切なのは歯垢を染め出すこと。すなわち、汚れにお色をつけてあげることによって、視覚的に汚れている部分が分かるので、子供は興味を持ち、上達が早い。歯科衛生士が担当。

シーラント

歯は山と谷があり、むし歯になるのは谷の部分です。谷の部分を裂溝と言います。この裂溝をあらかじめ薄く詰めておくのがシーラントです。予防充填とも言います。その歯しか予防できませんが、予防効果はとても高い。

フッ素塗布

無色透明な液体で、定期的に塗布することによって歯が強くなります。またエナメル質が脱灰(溶けている)している人には集中塗布を行います。生えたばかりの永久歯や乳歯のほうがフッ素が浸透しやすいので、小さな頃の塗布が効果的です。

治療

小児の治療で一番多いのがCR充填。CR充填とは強化プラスティックの白い詰め物のことで、小児歯科や成人の小さなむし歯の治療によく使用される。むし歯の削除は最小限でよいので、私は好きである。ただし、銀歯と比べると強度が弱い。

咬合誘導

お子様の歯並びが悪い場合、母親はどの時期から歯列矯正を始めたらよいか分からないことが多いです。早ければよいわけではない。最適なタイミングがあります。最適な時期だと短時間で終わる事ができます。混合歯列で早く直さなければならないのは前歯の反対咬合と歯列の狭窄。※狭窄(きょうさく)とは歯列が狭くなっていること。

混合歯列の反対咬合

リンガルアーチとブラケットを一部分使用。

埋伏歯の牽引

リード線を付けて牽引。その後、ブラケットでコントロール

歯列の拡大

第一次成長期である小学校3年ぐらいに診査して、歯列が狭いと判断したら、すぐに広げる装置を入れたほうが良いです。歯列を広げると永久歯が正常に生える可能性が高まり、将来金具を付けての歯列矯正がいらなくなる場合も多いです。 ※歯列が狭くなる原因→口呼吸 癖(頬杖等)

診療カレンダー

藤田歯科医院 城陽駅
藤田歯科医院 診療時間