①実習生の感想

実習初日は何をしていいのか分からず、治療を見ることに必死でこの治療は何の為にしているのか、この薬はどのような効果があるのか等、深く考える事ができなかったので、もっと視点を広げて物事を考えることができるようにならないといけないと思ったので2年生の実習ではこの反省を生かせるよう心掛けていきたいです。

学校での相互実習と病院の患者さんのアシスタントにつくのでは緊張感が全然違うし、タービンやコントラ等の機械を使用してバキュームを行うので自分の責任の重大さに気づけました。バキュームのチップの向きも今までは前歯部の時とりあえず向きを変えるといった曖昧な仕方だったのも舌の排除をする為や視界の確保の為といった目的をしっかりと理解してバキュームをできるようになったと思いました。う蝕処置の治療では教科書でしか見れていなかった内容の治療を実際に見学して手順、治療内容、使用器具が分かるようになり、器具の役割についても深く理解することが出来たのでこの経験を2年、3年の実習でも生かせるように日々復習をして忘れないよう勉強してもっと沢山の事を知っていきたいと思います。RCFの治療とRCTの治療は使用する器具が似ているし、使用する量も多いので細かい所まで理解する事が難しかったですが藤田歯科医院の皆さんはいつも優しく教えてくださり、詳しく丁寧な指導をして下さるので難しい治療内容もとても早く理解する事ができました。見慣れない治療器具を使用した後もすぐに教えて頂き、分からない事がすぐ解決したのですごく助かりました。藤田歯科医院さんは情報共有にすごく力を入れていらっしゃったのでスタッフさん達のす早い対応と協力、先生の治療の手際の良さで1日の治療をスムーズに進めれれているんだろうなと思いました。

実習期間が7日間という短い期間でしたがこの7日間で沢山の事を学び、経験しとても濃い7日間でした。素敵なスタッフ達に教えてもらい楽しく学ぶ事ができました。私のなりたい歯科衛生士像として「口腔の変化だけでなく全身の変化にも気付くことができる歯科衛生士になりたい。」という事があります。藤田歯科医院で働く衛生士さん、先生方など患者さんの少しの変化に気付き、お話をされていたのを見学、アシスタントについていてすごいなと思いました。少しの変化でも気付いてくれると患者さんは喜ばれると思うし、会話もはずむことができます。私もこのような歯科衛生士になりたいと思い、なれるように努力しようと思いました。7日間楽しかったです。お世話になりました。ありがとうございました。

②実習生の感想

見学実習を終えて、言葉に表すことが出来ないくらい歯のことはもちろん、それ以外も人としての事も学ぶことが出来ました。初日は、朝からのする事も分からず、DHさんが丁寧に一つずつ教えてくださって、チェアーに並べられている液の名前、その使い道など、丁寧に教えて頂きました。本当に何も分からない状態だったので一つ一つの説明がとても勉強になりました。

レポート1日目は、即処について書きました。即処では印象採得があるので印象時の大切な事は①ひずみのない正確な印象②鼻呼吸③左接時、喉に流さないことと学びました。印象は歯科衛生士の一番の見せ所とお聞きしたので、私ももっともっと上手に早く練和出来るように練習したいと思います。

レポート2日目は、インレーセットについて書き、3日目はCRについて書きました。どちらも多い治療で、1つ1つの手順も早いですが、院長やDHさんの丁寧な説明のおかげで流れを理解することが出来ました。

4日目、5日目は、抜髄とRCFで初めて見る治療で細かい作業が多いなか今何を行っているのか、使用器具の使い道など治療中でお忙しい中なのに、説明をしてくださいました。器具の受け渡しもやった事がなかったので、DHさんに教わりながらやらせて頂きました。実際にやってみると、白、黄、赤、青、緑、黒の順番を覚えることが出来ました。

6日目は、抜歯について書きました。抜歯では普段使用しない器具がたくさんある中、器具の名前から使い道、質問した事に対しても調べてまで教えてくださってとても勉強になりました。

7日目はCr setです。最後の最後まで「近く見ていいよー」「分からないことがあったら聞いてね」と言って頂き感謝でいっぱいです。

レポートで書いた流れはもちろん、そのほかの治療でも説明を付け加えた丁寧な教えのおかげで7日間という短い期間ですが、たくさん学ぶことが出来ました。毎日提出したレポートに対して赤の文字で正しい言葉や修正までして頂いて、また学ぶことが出来ました。返ってきたレポートのコメントを見るのがとても楽しみで、あのたくさんの文字を全部読んで頂いているのが本当にうれしかったです。コメントにはアドバイスがいっぱいで自分の為のなることばかりでした。レポートを提出した際に、DHさんが私もこのレポートを読み勉強になっています。と言われた時に、本当にうれしくて言われた言葉がずっと心に残っています。このような言葉を頂き、ありがとうございます。

ずっと付き添ってくださっていたDHさんにはバキュームの操作方法や自分がチェアーに座わり、当たると痛い部分を教えてくださったり、導入の仕方や印象やセメントの練和の仕方までお忙しい中、教えてくださいました。印象練和は本当に何度もやらせて頂いてまだまだなのはわかっていますがDHさんの「上手になってきたね」「コツをつかんできたね」という言葉を頂くたびにもっと練習をして頑張ろうと思う気持ちになりました。

反省会では、良い点としてありがとうの言葉が多かったや、前向きな姿勢で素直だったなどと今までにないくらいたくさん褒めて頂いて本当にうれしかったです。言葉にしないと伝わらないので感謝の言葉は今後DHになった時も大切にしていかなければいけないこと、歯の勉強はもちろん、チームワークをしていく中で心の勉強も大切だと言うこと。この実習先に来て、人としての事が学ぶことが出来ました。藤田歯科医院は「ありがとうございます!」と言う言葉がたくさん会話の中で聞くことが出来ました。感謝の言葉を大切にし、仲間の事を大切にする、とてもチームワークの良い歯科医院だなと思いました。

藤田歯科医院のような人になりたいと思ったし、DHさんに強く憧れを抱きました。人としても技術面でも素晴らしいDHさんに私もなりたいです。最後に修了証まで作ってくださり本当にありがとうございました。裏に書いてあった青いバラの花言葉は「不可能」「存在しないもの」などマイナスのイメージでしたがバイオテクノロジーの力によって、日本の研究者たちが遺伝子の組み換えによって、ついに世界初の青いバラが誕生しました。花言葉は「夢が叶う」と院長が素敵な言葉を教えてくださいました。歯科衛生士を目指すにあたってこの言葉は一生忘れません。院長に出会えたこと、DHさんに出会えたことに感謝いっぱいです。国試に受かって、絶対、歯科衛生士になりたいと思います。

7日間と言う短い間でしたが、貴重なお時間を本当にありがとうございました。

 

藤田歯科医院 城陽駅